南唐開元通宝銭
即位4年(966)南唐にて、唐銭の開元通宝と銭質の異なる開元が鋳造されたと言われています。昔は真書も南唐にありましたが、真書は唐銭の濶縁に分類され、南唐銭から籍を外しています。篆書だけが南唐の開元と分類されています。

大様 26.1mm中様 24.8mm
小様 23.9mm 白銅質

大様はお気に入りの一品。なかなかこれほど大きな銭は見かけません。

トップへ