乾隆通宝寶源局銭
以前乾隆通宝の鋳地別を掲載しましたが、今回は工部寶源局(造幣局のような所)の分類です。寶源局は南・北の二廠に分かれて他に勤炉(予備廠)で鋳造せれています。銭も6種に分類されます。

第一類 特徴 背正書

大字 大乙 直径25.0mm大字長通長寶濶縁 25.1mm

第二類 背準正書

保有無し

第三類 背方書

保有無し

第四類 背方書 濶字

広貝 正足寶 背出頭寶 23.4mm大濶縁 23.1mm
俯頭通 23.1mm

第五類 背方書 コ頭通

保有無し

第六類 背方書 隆字が缶隆

25.4mm

今回手持ちを探して当てはめてみると、在りそうで無い未収の銭が沢山あるのに気がつきました。今後も安い銭でも奇麗に揃えていこうと思います。未保有が入り次第、追加していきます。

トップへ