開元通宝の短頭元系
こちらで種類は説明しましたが、短頭元の中にも何種類かに細分されます。短頭元の特徴は、開字の井が横長、元字の第一画が短い、通頭が大きく高い、宝字は王が仰ぎ、尓のてんが小さい。

短頭元 直径24.9mm接郭 25.0mm
直元 24.8mm尨字 24.9mm
濶縁穿下甲文 23.9mm

最初に作られたと言われています。雄大な銭径と文字はロマンを感じます。

トップへ