新寛永銭 鳥羽銭
初めて寛永通宝を載せて見ます。お気に入りですが、分かりづらい一品です。少し大きめの画像で作りました。

寛永通宝、俗称「鳥羽横大路銭」。1736年、京都鳥羽にて鋳造とされますが、寛永銭では珍しく白銅質であり、磁気を帯びています。また、鋳造者が仲間割れをしたと言われており、謎の多い生い立ちを持った銭です。書体は不旧手と呼ばれ独特です。

清水銭 寛の11画目の横棒が少し出ています。
半刮去 進永 23.7mm
有来銭 寛の11画目の横棒が全く出てません。
全刮去 退永 23.9mm
伏見銭 23.4mm


トップへ