長崎貿易銭
1659年から約25年間、対中国貿易用決済銭として長崎にて鋳造された。当時の東南アジアに流通したと考えられます。銭名は北宋銭の模倣であり、寛永は名としては使われていません。中国では清朝順治帝から康熈帝の時代であり、中国銭と比べるとお粗末な銭です。何故にこのような銭が作られたか?疑問の残る一群です。銭名は中国ですが、いかにも日本的な作りで寛永通宝を彷彿させます。

肥字二元 23.6mm珍宝高元 24.5mm篆書 24.5mm
草書 24.5mm嘉祐通宝 23.8mm熈寧元宝 24.3mm
祥符元宝 24.3mm紹聖元宝 24.3mm天聖元宝 24.2mm


トップへ