鐚銭(びたせん)
鐚銭とは鋳造地が良くわからない銭という意味でここでは使いました。一般的には悪い銭、薄い銭、軽い銭という意味ですが、コレクションとしてはあまり美しくなく、美的にももうひとつであるため、あまり集める対象にしていません。今回紹介するのはこちらで紹介した叶(かのう)元祐通宝や加治木銭、慶長通宝、平安通宝などが代表銭ですが、ここでは新規母銭から作られたであろう銭を紹介致します。

雲豊異書 24.1mm司元符通宝 23.2mm元通通宝小字 23.6mm木楽広穿 23.5mm

永楽銭には中正手が有名です。ただ、資料が無く、ほとんどが確定できない事ばかりです。しかし、妙に人懐っこい書体で日本で作られたことを無言で語り掛けているような気がします。薩摩・筑前・長門・堺と中世日本の港があり、貿易が盛んな地域で鋳造されたとも言われております。貿易用だったのか国内流通用だったのかは不明ですが、中国、特に北宋銭の影響が色濃くあるように思えます。過去国内で発掘された銭も全て中国銭として扱われたのではないかと思います。

トップへ