雍正通宝 1722年〜
清朝銭の中で最も好きな銭です。私鋳銭が極端に少なく、あまり多く鋳造されなかったようです。手持ちの数も少ないですが、どれも雄大な銭径で美銭が多いです。統制の取れた社会であったと思われます。

宝泉局 26.2mm宝雲局 27.9mm宝河局 26.7mm


トップへ