靖康通宝
北宋最後の欽宗の時代1126年に鋳造された銭です。徽宗時代の大観通宝や重和通宝や宣和通宝に比べ、作りが悪くなっています。政治的な混乱が鋳銭に影響しているのでしょうか。

真書 22.6mm篆書 22.8mm

上記は鉄銭ですが、銅銭もあり、北宋の様式を守り、真書と篆書の2通りを作成しています。

トップへ