祥符通寶銭
北宋 大中祥符二年(1009)に鋳造。元寶と同じ銭名を持ち、この銭以来元、寶・通寶の2種の銭がよく作られるようになりました。この銭は符合銭はありません。

濶縁 直径25.9mm濶縁大字 25.1mm
遒勁 24.0mm

やはり大きな銭の部類に属すると思います。

トップへ