寛永の波銭(四文銭)
当時の銭不足を補う形で波銭が銀座から鋳造された。これは日本始めての真鍮銭であり、当時の中国の銭を模倣したと考えられます。当初は21波であったが、鋳造の不備が問題で後11波に変更になった。意外とこの銭は贋金がない。鉄銭の四文銭は各藩他から鋳造されているが、銅銭は官鋳がほとんどです。

短尾寛 27.6mm小字 28.4mm文政俯永 28.3mm
安政? 27.5mm正字 28.3mm俯永 28.3mm

青銭(初期)と呼ばれ、文政は赤銭と呼ばれ 庶民から親しまれて銭です。

トップへ