宝永通宝
宝永5年京都七條にて、時の勘定奉行の提案にて十文銭が作られました。人気が無くすぐに中止となりました。

打刻にて永久世用と見えにくいですが小さく珍があります。


トップへ