和同開珎
御存知和同開珎!和銅元年(708)に日本で初めての貨幣が鋳造されました。和同は古和同と新和同に分けられますが、古和同は大変貴重であり、銅貨と銀貨があり、珍しく銅貨の方が高価です。以前、富本銭が発掘されましたが、私としては、流通貨幣として使用された最初の貨幣はやはり和同と考えます。人夫の日当や納税、他貨幣(和同)と交換比率(米や絹)を政府が発表しています。富本銭はやはり厭勝銭(えんしょうせん)であったと思います。


新和同 直径24.7mm 重量3.95g

なんとなく白い感じがします。

トップへ