古寛永通宝称芝銭
寛永13年、江戸の芝網縄手で鋳造されたと言われている。二草点・四草点・不草点・細字・接郭に分類されている。

二草点 直径24.5mm四草点 24.4mm
二草点 24.5mm四草点 24.3mm
不草点 24.5mm不草点 帯白 24.2mm
不草点 24.2mm

芝銭は点が跳ねているのが特徴。しかし、不草点は跳ねない。これが判るのに大分時間がかかった。細字・接郭は持っていない。残念・・・。しかし、見ていただいて判るように、何れも美銭である。眺めていても飽きない。

トップへ