常平通宝当二銭下部「千字文」字銭
新常平の当二銭です。この形態は11局鋳造所があり、基本的に背の上部に鋳造所の一字があります。また、下部には20字(天、地、玄、黄、宇、宙等)の字が配置されており、「千字文」と呼ばれています。

開城管理營 背日 直径30.5mm同 背張 31.0mm
御營庁 背天 31.5mm同 背黄 30.6mm
同 背来 29.8mm全羅監營 背宙 31.9mm
同 背不明磨輪 27.2mm咸鏡監營 背洪 31.5mm
戸曹 背日 30.6mm同 背張 30.6mm
訓練都監 背天 30.7mm同 背往 30.5mm
統營管理營 左壬下天大字 28.9mm

常平通宝と聞くと、面 or 背のどちらかが汚いと想像しますが、このシリーズは案外美銭が多いようです。

トップへ