新寛永の仙台銭
豊富な鉱山を背後に抱え仙台での鋳造が始まりました。古寛永の頃から仙台での鋳造があり古くからあります。1728年に新寛永が鋳造開始されました。大変良質な銭と思います。

マ頭通背仙 23.9mmコ頭通背仙 24.6mm
異書 24.4mm異書斜宝 大型銭24.8mm異書進寛 24.9mm
異書進寛深背 24.5mm異書長通 24.5mm異書低寛 24.6mm
異書大字 24.2mm異書大字の拓

全ての面の彫りが深く美銭が多いです。が、背は浅くその差が著しいです。

トップへ