光緒通宝
1875年〜銭径が大分小さくなっています。政治・経済的に混乱をましている証拠ではないでしょうか?末期には打製の穴銭も作っており近代中国へ脱皮しようとする過渡期に当たります。

戸部寶泉局(造幣局のようなもので、基本銭を作っている所です。)内庭銭・大様銭
マ頭重点通ハ貝寶背出頭寶 24.5mmマ頭重点通ス貝寶背円頭寶 24.3mm
小平銭
コ頭重点通ハ貝寶背円頭寶 22.7mmマ頭重点通ス貝寶背円頭寶 22.6mm
マ頭重点通ハ貝寶背出頭寶 23.0mmコ頭重点通ハ貝寶背出頭寶 18.8mm
その他の鋳地
工部寶源局 22.6mm薊鎮局 22.7mm
寶晋局 20.5mm寶津局 24.3mm
寶福局 22.5mm寶陜局 22.0mm
江南局 23.1mm寶広局 24.1mm


トップへ