写し赤鐚銭
赤銅色の鐚銭の特集です。九州地方で鋳造されたとか言われていますが良く判りません。本銭を写しているので銭径は小さく薄くなっています。どの時代かも本銭の鋳造を考えればある程度理解でます。

正隆元宝(1158) 直径23.9mm開元通宝(621) 宝下星 22.8mm
嘉祐元宝(1056) 23.5mm元祐通宝(1086) 23.5mm
永盛通宝(1705) 24.1mm寛永通宝(1635) 22.8mm
長崎元豊(1659) 23.3mm宣和通宝折二(1119) 25.2mm
開元通宝 24.3mm永楽通宝(1408) 23.8mm

案外重みはあるところから考え、幼稚な鋳造技術で作られたと考えます。

トップへ