天命皇宝・通宝
清朝初代皇帝ヌルハチが1616年から鋳造。

天命通宝 26.5mm 7.82g26.7mm 6.91g
23.9mm 7.15g
天命皇宝 27.5mm 7.00g28.6mm 6.33g
28.8mm 5.92g28.8mm 5.93g
25.7mm 3.76g

この銭が造られた時は、まだ明の万暦44年万暦通宝が造られていた時である。万暦銭も決してみすぼらしい銭ではないが、この天命銭と比べると流石に見劣りする。鋳銭技術は明が優れていても、この重さには圧倒される。決して綺麗な造りの銭では無いが、建国の勢いを感じさせる銭である。

トップへ