秋田銭
1738年、秋田にて鋳造。特徴は永字後ろ足が跳ねている。大坂難波銭と反対で、対で御守りとして持っている方もいます。

大字 23.9mm大字降水 23.4mm
中字 23.4mm中字降水 23.5mm
小字 23.0mm小字降寶 22.4mm

秋田銭は相対的に背がイマン(平ら)しており、背の奇麗な銭が少ないです。

トップへ