京都七条銭
不旧手と呼ばれる書体です。京都の商人 何某 不旧 がこの銭を請け負って鋳造したと言われています。

退永広寛高寛
濶縁藤沢銭

藤沢銭は京都七条銭とは異なりますが、同じ不旧手であるので一緒に掲載しました。

上で紹介している物はほとんど不備であり、母銭以外では美銭はありません。

安価な銭ですが、美銭はもっと高くてもいいのかも知れません。

トップへ