十万坪銭
背十は母銭式で稟議銭と言われていますが、割と数が多いように思います。この書体は結構あちこちの銭座に使われており、江戸期の銘書体です。

背十輪鋳込十虎尾寛
無印輪後打ち十

背十は高く、他は安価なものばかりですが、輪後打ち十に場変わりがあり、特に銅銭は希少です。

トップへ