元文亀戸銭
1737年、江戸亀戸で鋳造された。各書体で大きさが一定しており、画一的な技術が確立されたと考えられます。

大字 23.8mm小字 23.2mm狭穿 23.1mm


トップへ