咸豊通宝
1850年〜清朝の凋落が目に見えてきた時期です。太平天国の乱も起こり、国内が騒然としてきた時、貨幣制度も荒れてきました。今回は小平銭だけですが、この時期から当4、5、10、50、100、1000と大銭が続々と発行されます。銭径は小さくなり、経済の混乱を物語っています。

寶泉局第一廠分廠珍寶24.3mm戴書 22.7mm寶源局第二廠 22.9mm
陜西寶陜局 24.9mm江蘇寶蘇局21.7mm浙江寶浙局 20.1mm
福建寶福局 22.0mm広西寶桂局 22.4mm広東寶広局 22.8mm
雲南寶広雲局 25.1mm雲南寶広雲局孕星 22.1mm


トップへ