光緒通宝千字文
魅惑的な背文の光緒通宝です。朝鮮の常平通宝のものまねとも言われていますが、よくわかりません。銭径が小さく、かわいい一品です。寶泉局と寶源局の2局で作られており、背文には金・宇・列・往・来・日・収の7種ありますが、収は母銭のみ?どう言う意味で作られたのか、疑問の残る御膝元での鋳造です。

背金 19.8mm背宇 20.1mm背列 20.2mm
背往 19.0mm背来 20.9mm背日 17.7mm

造りもあまりよくありませんが、本当にかわいいと思います。

トップへ