古寛永銭称坂本銭
近江国坂本で寛永13年から鋳造されたと言われている銭です。分類としては大きく跳永、不跳永、正永、正永高頭通の4種に分かれます。

跳永 陰起文 23.8mm跳永 本体 23.8mm
跳永 背広郭 24.2mm正永 本体 24.1mm
跳永 無爪 24.4mm不跳永 本体 24.0mm

跳永と正永と不跳永の3種しか手持ちにありません。坂本銭は跳永が代表的で、永字の前足が跳ねているのが特徴ですが、私は背の広郭の特徴が全体的に示していると思います。

トップへ