古寛永銭称水戸背星文銭
常陸国水戸にて、寛永14年から鋳造と言われている銭で、その分類の中で背星文と言われる一群を紹介致します。古寛永の中で(量産された銭)背に星があるのは、この一手しかありません。基本的には無背です。誰でもわかる一群です。

背星文 小王宝 24.8mm背星文 背広郭小星 24.8mm
背星文 本体 24.8mm

本体と小王宝、どこが違うか・・・寶字の王が少し小さい・・・良くわからん!私もわからんが、やはり小さい。こんな小さなことに何が楽しいのだろうか?でもやっぱり違いがわかった時は嬉しいものです。

トップへ