新寛永通宝幻足寛
1708年、江戸亀戸にて荻原勘定奉行が作らせた幻の寛永通宝です。別名四つ寶大字で、寛の足の付け根が陰起しています。

直径24.8mm

なかなか手に入りませんでした。

トップへ